個人事業主のなり方~さくっと簡単~

どうもかなたです。

とある中小企業の取締役と個人事業主を兼業してます。

個人事業主ももう10年近く続けているんですがよく「個人事業主なんだ、すごいね」とか言われます。

個人事業主ですごい人っていくらでもいますが、個人事業主だからすごいわけじゃないです(ここ重要)

実はなるのってすごい簡単です。

ちょっと書類出すだけ(笑)

30分もかからなかったんじゃなかったかなあ・・・

当時の事はあまり覚えてないですが「え?これだけ?」となったのはよく覚えてます。

個人事業主って誰でもなれます。ついでに言えば法人も作ろうと思えば誰でも作れます(普通の人なら)

法人は考えなしに設立しない方が良いですが(笑)

かなたがすごくないのにすごいって言われるのが嫌なんで、今回はたくさんの人に「個人事業主って簡単になれる」という認識を持っていただければ幸いです。

個人事業主とは

まずは「個人事業主って結局なんなの?」という人もいらっしゃるかもしれませんのでここから説明したいと思います。

簡単に言うと、会社などに属さず独立して事業を行っている人の事ですね。

ちなみに従業員を雇っていたとしても法人化してなければ個人事業主です。

法人(株式会社)については↓を見てもらえればなんとなくは分かると思います。

自営業者とかフリーランスも大体個人事業主ですかね。

法人化したら違いますが。

雇用されてなくて事業をしている(稼いでいる)人の税法上の呼び方が個人事業主ってだけです。

なので職種は多種多様でまあ色んな人がいますね。

ちなみに今流行りの「YouTuber」も事務所等に所属せず一人で稼いでいれば個人事業主になります。

事務所に所属するということは多くの場合その事務所(会社)と雇用契約を結ぶと思うので個人事業主にはなりません。

これも所属の仕方や会社のルールで変わりますので一概には言えませんが。

ちなみにかなたは色々やってて保険から始まり、アプリを作ってみたり、マッサージしたり、カウンセリングをしたり・・・・・・・・

ただただ会社に雇用されずに収入を得てたので個人事業主だった、というわけです。

事業内容は基本何でもいいです。

例えばあなたがリンゴを100円で仕入れて150円で売るとしましょう。

1個50円の儲けです。これを続けていくならもう個人事業主です(笑)

なので日本の税法上で見れば「マッチ売りの少女」も個人事業主であるべきです(笑)

あれって売れてないんでしたかね・・・?

収入を得ていなければ問題ないです(笑)

つまるところ、会社に属さずお金を得るなら個人事業主ってことです。

ちなみに副業でも個人事業主になれます。

申請に必要なもの

開業届(個人事業の開業・廃業等届出書)

以上です(笑)

これを記入して最寄りの税務署へ提出したら終了です。

ちなみに書く内容は

納税地、税務署名、提出日、氏名、電話番号、生年月日、職業、屋号(簡単に言うと会社名みたいなものです)、住所、開業日、届出の区分、事業内容、所得の種類(不動産、山林等ありますが大体事業所得になると思います)、あとかなたのときはなかったんですが今はマイナンバーも書きますかね。

これだけ出せば個人事業主にはなれますが、節税したいので「青色申告承認申請書」も出した方が良いですね。

10万円か65万円の控除を受けられますので出さない理由はないです。

複式簿記により記帳した帳簿、貸借対照表、損益計算書を作れば65万円、簡易簿記の場合は10万円です。

税金や所得についてはだいぶ長くなるので別記事にて説明しようかと思います。

他にも従業員を雇う場合配偶者や親族と一緒に事業を行う場合で提出する書類が増えますが

基本的には開業届と青色申告承認申請書を出すだけでOKです。

ちなみにこれらの書類は国税庁のホームページでダウンロードできます。

個人事業主になった後は?

個人事業主と会社員の大きな違いは、

国民健康保険、国民年金になること、確定申告が義務化されることですかね。

後は、所得の種類が変わります。

個人事業主は事業所得、会社員は給与所得

何の事業でもいいからとにかく収入を得ましょう(笑)

社員は与えられた仕事をこなせば、極端に言えば会社に出勤していれば給料がもらえますが個人事業主は売上や成果を出さないと収入は「0円」です。

やるもやらないも自分次第です。

基本的には頑張れば頑張るほど収入は増えます。

実際かなたも月1000万以上稼ぐこともあれば1年で2万ちょっとのときもありました(笑)

でも収入がなくても自分がやらなかったせいなのでそっちの方がかなた的には会社員より気楽だと思ってます。

ただ、事業によっては安定しないこともありますし、確定申告等の面倒な事もあるので会社員で高額な給料(自分が求める金額等)をもらえるのであればそっちの方が賢いとも思います。

おわりに

そのうち投稿しますが、確定申告や所得、税金の仕組みもある程度理解した方がよいです。

一緒に書いた方が分かりやすいかと思ったんですが凄まじく長くなりそうなのでやめました。

逆に今回が短くなったような気はするんですが(笑)

個人事業主は誰でもなれますが経験上、事業を始めてから(収入を得てから)始める方が良いかと思います。

ただかなたは知識ほぼなし、売上の当てもなしで完全に見切り発車したので、やる気さえあればなんとかなると思ってます。

生活に困った事も何回もありますけどね(笑)

今回は個人事業主全員がすごいわけではないというお話でした。

所得等についても投稿しました↓

ブログランキング参加してみました↓を押してもらえるとやる気がみなぎります(かなたの)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

その他、保険やかなた流最強メソッドなどいろいろ投稿してます。

仕事

Posted by kanata社長